【8/14最新】新型コロナ&新学期に関するアップデート

【カナダ高校留学】卒業後の進路:カナダの進学先ってどんなチョイスがあるの?

Grade12(高校3年生)になると、学期が始まってからすぐにもう進路を考える時期になります!今回は進路をカナダ国内で考えている学生向けにカナダにはどんな学校があるのか紹介します。

どんな学部があるの?

nekomimiさん

学部はほんとうにたくさんあるよ!

経営経済・サイエンス・心理学・アート・IT・映像・美容系などなど、たくさんの学部があります。高校の勉強で興味を持ったことをもっと勉強したいな、将来はこんなお仕事をしたいな、と考えるところから始めてみよう。

勉強したいことがまだわからないという人は、General Arts/ Liberal Artsという学部(日本の大学にはないけど、高校の普通科みたいなもの)に入学して、やりたいことが決まってから学部を変更することもできます。

学部によっては4年制大学の方がよかったり、専門学校の方がよかったりするので、自分の興味に合わせて学校選びをしていきます。

University(大学)

Degree(学士号)が取れる4年制の大学のことをUniversity(ユニバーシティ)と言います。就職するときにはやっぱり大学を出ているほうが、どの国でもスムーズです。大学にはたくさんの専攻・副専攻学科があり、入学後に変更することもできるのがカナダの大学の魅力の1つ。

卒業後は Post Graduation Work Permit(ポストグラジュエーションビザ)という就労ビザがもらえて、最長で3年間働くことができます。きちんと職歴を積めば永住権を取ることもできますよ!

大学の特徴
学費の高さ
(5.0)
卒業の難しさ
(5.0)
学部の多さ
(5.0)
就職の有利さ
(4.0)
留学生の多さ
(1.0)
キャンパスライフ
(5.0)

大学例

  • University of British Columbia
  • Simon Fraser University
  • Capilano University
  • University of Victoria
広い敷地の大きなキャンパスで、憧れのキャンパスライフ~

高校生

Public College(公立カレッジ)

Certificate(修了証)や Diploma(準学位)が取得できる短期大学で公立のカレッジは、日本の総合短大のように多くの学部を持っている場合が多いです。大学に入るにはハードルが高いという学生は、公立カレッジに通ってから大学に編入することもできます。

2年のプログラムを卒業した後は、Post Graduation Work Permitがもらえるので、卒業後はすぐに働いて、永住権を取得を目指す人も多いです。

短大の特徴
学費の高さ
(4.0)
卒業の難しさ
(4.0)
学部の多さ
(4.0)
就職の有利さ
(3.0)
留学生の多さ
(3.0)
キャンパスライフ
(3.0)

短大例

  • Langara College
  • Douglas College
  • Camosun College

Private College(私立カレッジ)

Certificate(修了証)やDiploma(準学位)が取得できる私立のカレッジは、日本の専門学校のような位置づけ。専門的な勉強ができるので、実践的な内容が多く、すぐに就職をしたい人向けです。建物の一角をキャンパスにしている学校が多いので、最初は小さな学校にびっくりするかも・・。

少人数制で、その分野での経験豊富な先生が多いのも魅力。Post Graduation Work Permitはもらえないですが、卒業後はワーキングホリデービザなどを利用して働けます。

私立カレッジの特徴
学費の高さ
(2.0)
卒業の難しさ
(3.0)
学部の多さ
(2.0)
就職の有利さ
(3.0)
留学生の多さ
(5.0)
キャンパスライフ
(2.0)

私立カレッジ例

  • Sprott Shaw College
  • Vancouver Career College/ CDI College
  • Cornerstone International Community College of Canada

nekomimiさん

IT系・ホスピタリティ・保育・介護・美容系とかは専門学校で勉強する学生も多いかも!

Private College:University Transfer(大学編入カレッジ)

通常の私立Collegeとは違って、卒業後にPost Graduation Work Permitがもらえる・公立カレッジへの編入ができるプログラムを持っている場合があります。

数は少ないですが、大学よりも学費が安く、公立カレッジよりも入学がしやすく、留学生がほとんどなので先生が留学生に慣れているため、授業がわかりやすいことが多いです。成績を高く保っていれば大学編入ができるので、編入系のカレッジで成績を高くとって良い大学に編入を目指すのも1つの方法!

編入系カレッジの特徴
学費の高さ
(2.0)
卒業の難しさ
(2.0)
学部の多さ
(1.0)
就職の有利さ
(2.0)
留学生の多さ
(5.0)
キャンパスライフ
(2.0)

編入系カレッジ例

  • Alexander College
  • Columbia College
  • Coquitlam College

将来を見据えて進路を選んでいきましょう。進路先によって入学条件が異なりますのでしっかり調べて、条件にあった必要科目や成績を取って、希望の学校へ進学!

Study Kittyでも相談OK!