新型コロナに関するカナダの入国制限・学校の休校について

【大学進学に有利】International Baccalaureate(IB)ってどんなもの?

国際バカロレアってなに?

1968年にスイス・ジュネーブで設立された国際バカロレア機構(IBO)が認める教育プログラム。

国際バカロレアの教育方針として、理想の学習者像が挙げられる。理想の学習者像には、探求する人、知識のある人、考える人、コミュニケーションが出来る人、信念を持つ人、心を開く人、思いやりのある人、挑戦する人、バランスの取れた人、振り返りができる人の10個がある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/国際バカロレア

小学校・中学校・高校でIBOから認定を受けた教育機関のみがプログラムを提供でき、バカロレア独自のカリキュラムにて高校を卒業後に取得できるDiploma(ディプロマ)は、海外の大学への入学が有利になるため、日本に限らず、海外の大学を目指す学生に人気の高いプログラムです。

高校のDiploma Programme(ディプロマプログラム:DP)

16歳~19歳までの高校在学中にコアの3クラスと、6つのグループから1科目ずつ選んで2年間で学習すると、国際バカロレアのディプロマがもらえます。

nekomimiさん

1年だけだとIB Certificateがもらえるよ。でも大学受験では使えないんだよね…。

大学や働いてからも使える専門分野や知識を高校のうちに勉強するため、6科目中半分以上は上級レベルを取る必要があります。また、日本でIBを受ける場合でも外国語を含める2グループの科目は英語での受講が必要です。

受講後はIBのテストがあり、テストとクラス内のスコアをあわせて45点満点中25点以上を取って、IBディプロマ取得を目指しましょう!

普通の授業をうけるのではなく、リサーチ・グループワーク・討論やプレゼンテーションが多く行われるので、普通に勉強するクラスとは全く違います。英語力やこれまでの成績が良いこともIBプログラムに入る基準になるので、海外でIBプログラムを受講したい人は今のうちから良い成績を取れるように頑張ってくださいね。

IBカリキュラム

IBでは通常の高校卒業に必要な科目履修とは違うプログラム受講が必要です。

コアプログラム

nekomimiさん

3つとも必須!
Theory of Knowledge(知識の理論:TOK)

知識の本質について考え・分析し、自分なりの見方や他人との考え方の違いを理解・自覚ができるよう促すクラス。100時間以上の学習が必要。

Extended Essay(課題論文:EE)

個人研究の成果を8,000字の論文にまとめるクラス。英語だと4,000字。

Creativity, Action & Service(創造性・活動・奉仕:CAS)

芸術・身体的・無報酬での自発的な交流活動(いわゆるボランティア活動)を行うクラス。

6つのグループ

各グループから1科目ずつ選べるんだね!

高校生

Group 1  言語と文学(母国語)

科目:言語A・文学・言語と文学・文学と演劇

Group 2  言語獲得(外国語)

科目:言語B・初級語学

Group 3  個人と社会

科目:ビジネス・経済・地理・グローバル政治・歴史・心理学・環境システム社会・情報テクノロジーとグローバル社会・哲学・社会・文化人類学・世界の宗教

Group 4  理科

科目:生物・化学・物理・デザインテクノロジー・環境システムと社会・コンピュータ科学・スポーツ・運動・健康科学

Group 5  数学

科目:数学スタディーズ・数学SL・数学HL・数学FHL

Group 6 芸術

科目:音楽・美術・ダンス・フィルム・文学と演劇

IBが受けられる学校リスト

日本とカナダ(BC州)のIBプログラム提供校は下のリンクから探してみてください!

日本 【文部科学省 IB教育推進コンソーシアム 】

カナダ 【British Columbia Association of International Baccalaureate World Schools】

カナダIBのメリットとデメリット

IBはもちろん将来のためにとてもいいプログラム!ですが、全員にピッタリということではありません。自分に必要なのか見極めましょう。

メリット

  • 将来の大学進学が楽になる
  • 通常の高校卒業資格とIB Diploma両方もらえる
  • 論理的かつ、フレキシブルな考え方に

デメリット

  • とにかく難しくて、やることが多くて大変
  • 通常プログラムで成績が良くてもIBで成績が落ちることも
  • IBのある高校が限られている

IBプログラムに入る前の成績は良かったのに、IBに入ってから成績を落としてという学生さんもいます。特にカナダでは、成績が良いことが大学進学の時に優位なので、無理にIBにいくよりも普通のプログラムでしっかり成績を取る方が良い場合もありますよ。